汕頭刺繍の袋帯

汕頭(スワトウ)刺繍とは?
中国広東州東部の町「汕頭」発祥の刺繍であり、

中国三大刺繍の一つです。

スワトウ刺繍は世界的にも評価が高い刺繍で、

ヨーロッパの感性と中国古来の技法とが融合した刺繍です。

近くで見ると繊細な刺繍が施されており、とても上品な帯です。

織り上げた生地の糸を数本引き抜き、穴(空間)を開けていく
高度な技法のため高価な物が多いです。

立体感があり「絹の彫刻」と呼ばれています。

こんな生成りの帯だと、どんな着物にも合わせやすいですね。

今回はこんなコーディネートにしてみました

コーディネートPart1
コーディネートPart 2

帯揚、帯締めを変えるだけで雰囲気がガラッと変わりますね

お手持ちのお着物にも、小物にも合う
高級感漂う帯です。

お問い合わせ

    Copyright© はな萌 , 2021 All Rights Reserved.